THIS IS ESPORTS

THIS IS FAKER

「Faker」こと LEE SANG-HYEOK について

「Faker」こと Lee Sang-hyeok は、まだ高校生のときにソロランクで素晴らしい成績を収めたことで、League of Legends (LoL) のプロチーム加入のオファーを受けました。素晴らしいゲームの才能を備える Faker でしたが、当時は一般的な道でなかったために、当初はプロになることを躊躇しました。

しかし、「スキルと才能を発揮しろ」と教師から薦められたことで、一大決心をしてプロゲーマーになりました。その決断が間違っていなかったことは、その後のプロゲーマーとしての伝説的な活躍を見れば明らかです。2013 年、2015 年、2016 年と 3 度にわたって世界チャンピオンの座に輝きましたが、このような偉業を成し遂げたゲーマーは、彼の他に一人しかいません。

他のプレミアトーナメントでも十数回にわたって優勝している Faker が史上最高の LoL プレイヤーの一人と広くみなされているのも当然のことで、「不倒のデーモンキング」や「Faker、Faker プレイメイカー」というような異名をとっています。

名声の背後にある素顔

Faker はプロ転向後にチームワークの大切さを理解しました。それまでソロでしかプレイしてこなかった彼は、「チームメイトとうまくやりながら協力する」方法を学ぶ中で、チームで連携してプレイすることに「特別な努力を払う」必要がありました。しかし、12 時間にわたる過酷なトレーニングセッションを続けたことで、Faker はチームメイトと強い絆を築き、チームメイトを第二の家族と感じるようになっています。

このように厳しい E スポーツの道を歩む Faker は、特に勉学でその代償を払う必要がありました。優れた成績を収めていても、勉強とトレーニングの両立はたやすいことではありませんでした。プロゲーマーとしての道を選んだ Faker ですが、E スポーツからの引退後は勉強を続けることに熱意を抱いています。

何年にもわたってゲームをしてきても未だにトレーニングと練磨に励む理由として「勝利への意欲」を上げる彼は、自分自身とチームが「ベストであることを証明」するためには何でもやると断言します。このような姿勢と貪欲さが今日の伝説的な地位を確立したといっても過言ではないでしょう。
C774QaxLMrA

T1 について

2003 年創設の T1 は輝かしい成績を収める韓国の E スポーツチームで、T1 Entertainment & Sports により運営されています。

プロゲーミングの世界で高い認識を得る T1 は、LoL の世界大会で 3 度優勝したことで LoL の世界を支配する存在になりました。現在は、Apex Legends、Dota 2、フォートナイト、ハースストーン、PUBG などのゲーム競技にも手を広げるようになっています。
T1 の最新情報については https://t1.gg/ をご覧ください。

Eスポーツとは?

eスポーツの本質は、単に観客で満席のスタジアムや華やかな業界用語や 1 億ドルの賞金ではありません。eスポーツは、絶えず訓練を続け、対戦相手を思い通りに攻略する戦略とスキルを磨くための鍛錬の場です。また、つらい敗北を知るときも、勝利の幸福感にひたるときも、eスポーツは、チームメイト、ファン、友人の間に生まれる仲間意識であり、結びつきです。それらに増して、eスポーツとは、競技を続け、勝利を得るための終わりのない打ち込みであり、情熱です。
THIS IS ESPORTS.
THIS IS #TEAMRAZER.

WE ARE THE ELITE

PC から家庭用ゲーム機、モバイルゲーミングに至るまで、ゲームジャンルやプラットフォームを問わず、Team Razer は、世界中の最高のチームと eスポーツアスリート集団です。Team Razer はエリートであり、それを証明する勝利を重ねてきました。しかし、真に私達を結び付けているのは、派手なトロフィーではありません。私達が共有しているひとつの炎です。前夜までいかに多くの勝利や敗北を重ねてきたとしても、私達は、翌日には立ち上がって、また全力を尽くします。真の勝者に限界はないのですから。

@TeamRazer をフォローしよう

Offer is valid with a minimum purchase of US$99. Expires on .